イヤフォン 耳に入れないタイプ通販 耳をふさがない ながら聴きにおすすめ!

最近色々な種類のイヤフォンが出てきています。

その中でも注目したいのが、耳に入れないタイプのイヤフォンです。

耳をふさがないイヤフォンは、ランニングやサイクリングといったスポーツの際や、家事をしている時などにながら聞きするのに便利ですよ。

アンビー ワイヤレスイヤカフ ambie wireless earcuffs

アンビー ワイヤレスイヤカフは、イヤリングのように耳を挟んで装着する、耳をふさがない ネックバンドタイプのワイヤレスイヤフォンです。

耳穴に差し込まないイヤフォンのため、音楽を聴きながら、周囲の音も聞こえます。

鼓膜への負担も少なく、屋外での使用の際の安全性も心配ありません。

アンビー ワイヤレスイヤカフ 口コミ

外でのランニング用としてアンビー ワイヤレスイヤカフを購入しました。
今まではカナル型イヤホンを愛用してましたが、走ると「ゴンゴン」「ドンドン」という音がして、それが嫌で耳をふさがないイヤフォン探していました。
ワイヤレスと価格の安い有線と迷いましたが、ワイヤレス購入で正解でした。
装着方法は、最初戸惑いましたが慣れると簡単です。
Uの部分を指で挟んで広げながら装着すると入りやすいですよ。
耳に挟むけど痛くなく装着感はあまり気になりません。
ランニング中でも、耳から外れそうな感じもありません。
全体的な製品の質感も悪く無いです。
電源を入れた時にブルっと振動のアクションもあります。
音の方は、想定内で低音が弱いかな。
最初、ちょっと音が小さいと感じましたが、指で耳たぶの角度を少し変えるただけでも、聞こえ方が全然違ってきました。
あと、製品の特性上?周りの音がうるさいとイヤホンの音が掻き消されてしまいます。
静かなとこで聞くのに適していると思いますが、外を歩いていたり、走っている時に外の音が聞こえない方が危ないので、これはこれで満足しています。

耳をふさがないイヤフォンなので、会社などで音楽を聴きながら、普通に人に呼ばれて返事が出来るくらいの音楽環境を作れます。
音楽のなっている喫茶店に常時自分がいるような感じです。
音質を過度に求める方には向きませんが、完全に開放されているせいかステレオ感は非常に強いです。
私は集中したい時はヘッドフォン、それ以外はアンビー ワイヤレスイヤカフと使い分けています。
アンビー ワイヤレスイヤカフは、音楽とコミュニケーションと仕事が両立できるので、手放せません。

ambieのイヤフォンは、有線タイプをブルートゥースレシーバーにつなぎ、愛用してました。
このワイヤレスタイプにしてからは収納場所も考えなくてもよいし、ネック部分も軽く、つけてる違和感もなく、何より先っぽが簡単にとれないのが嬉しいです。
ほぼ完璧です。
欲を言うなら、もう少し再生時間あれば1日中つけっぱなしにできるんですけどね。

アンビー ワイヤレスイヤカフは、耳をふさがないイヤフォンなので、ながらイヤホンとしてはすごくいいものです。
読書や釣り、ウォーキングでは耳を塞がない為、会話や環境音を楽しみながら音楽を聴けます。
耳に入れないイヤフォンは、骨伝導イヤホンなどもありますが付け心地は圧倒的にアンビー ワイヤレスイヤカフが優り、長時間つけていても疲れません。
音漏れに関しては最大音量でなければ耳をすませば聞こえるくらいだそうです。
ただ耳のサイズが小さい人はズレたりして、ちょうどよいポイントがみつからず使いにくいかもしれません。
また音質や音量がダメだという方が多いかもしれませんが、製品の特徴理解しているのでしょうかね。
登山や釣り、ウォーキング、ランニングをしながら音楽を聞きたい方にはおすすめです。

オフィスで残業中に耳をふさがないイヤフォンでラジオ聴いてます。
動きながら使ってもイヤーピースは全く外れる気配がありません。
音漏れも周りの同僚数人に確認してもらったところ全く問題ありませんでした。
アンビー ワイヤレスイヤカフは、外のノイズや音を消してくれる機能はないので走行中の電車内など、うるさい状況での使用にはあまり向いてません。
室内で使うと割り切ると満足度高いです。
装着も慣れれば鏡などを見なくてもスムーズに行えます。