低温調理器のおすすめは?価格 レシピ 機能で選んだ2選を紹介

低温調理器は価格が高いので何年も買うのを迷っていたのですが、1年前にanovaの低温調理器を購入しました。

以前は低温調理器は、anovaくらいしかなかったのですが、今は色々なメーカーから発売されていますよね。

低温調理器、めちゃくちゃ活用しています。

私が買ったのはanovaですが、今は他にもいい低温調理器が出ていますので、低温調理器のヘビーユーザーとして、次にもう一度低温調理器を買うならどれがいいか、低温調理器のおすすめを紹介します。

フェリオ スーヴィード クッキング 低温調理器

低温調理器のフェリオ スーヴィード クッキングの魅力は、ズバリ、フードコーディネーターの藤野幸子さんの低温調理レシピがついてくるというところです。

また、こちらのショップには、低温調理をする際にあると便利な小物も紹介されているので、一度見てみる価値ありですよ。

低温調理器購入後すぐに調理でき、はじめてでも失敗する可能性が低いのがこちらです。

今はまだ低温調理器を使ったレシピ本がないんですよね。

私もネットで検索した低温調理レシピを自分流にアレンジしながら作っています。

でも、ネットでヒットするレシピは素人さんが上げているレシピなので、低温調理にありがちな食中毒とか心配なんです。

なので、いつもネットで検索した低温調理の設定温度と時間を気持ち長めにして調理しています。

その点、スーヴィード クッキングはレシピ付きなので、これはポイント高いです。

低温調理器の価格としても特別高いわけではないので、本当におすすめです。

この低温調理器レシピだけでも販売してくれないかなーと思うくらいです。

低温調理器をはじめてつかう方なら特にレシピは必要なので、スーヴィード クッキングが一押しですね。

Anova Culinary スマホと連動して低温調理 水の温度をコントロール

私も使っているanovaですが、こちらは、スマホと連動して水の温度をコントロールできるタイプです。

anovaはアプリからレシピを見ることができるので便利です。

anovaは低温調理器の中でも使っている人が多いので、使いやすいですよ。

まとめ

低温調理器は、野球をやっている息子の体つくりのために、良質なたんぱく質をたくさんとらせたくて購入しました。

鶏のササミや鶏胸肉を低温調理することが多いのですが、低温調理器で調理したササミや胸肉の柔らかさと美味しさは想像以上です。

低温調理といえば、炊飯器の保温機能を使ったり、沸騰したてのお湯に食材を漬け込んで火を止める方法などがありますが、はっきりいって仕上がりは雲泥の差です。

これは、一度食べてみないと分からないと思います。

自宅で美味しいお肉が食べたい方、育ち盛りのお子さんがいる家庭、筋トレしていていい筋肉を付けたい方などに特におすすめですよ。