赤ちゃんの鼻水を上手に吸引する方法 電動吸引器のおすすめ

赤ちゃんの鼻水を吸引するのって、難しいですよね。

自分で鼻水をかむようになるまで、お母さんたちは赤ちゃんの鼻水との格闘が続きます。

赤ちゃんの鼻水を上手に吸引できないでいると、赤ちゃんはいつも鼻水を垂らしている状態。

いくら、お母さんが一生懸命鼻水をとってあげても、限界があります。

でも、今は、こんなにいいものがあるんですね。

電動鼻水吸引器メルシーポット

赤ちゃんの鼻水を上手に吸引する電動吸引器の中でも特に人気があるのが、電動鼻水吸引器メルシーポットです。

芸能人ママで利用者が多いみたいですね。

電動鼻水吸引器メルシーポット購入者の口コミレビュー評価

電動鼻水吸引器を買おうかどうかずっと悩んでましたが、息子の鼻風邪がひどいので購入しました。
ティッシュでかんでもかみきれない鼻水も吸えるので、風邪をひかなくなりました。
もっと小さいころから買えばよかったと後悔しています。

はじめの頃は、口で鼻水を吸うタイプの物を使用していましたが、子供が嫌がるし、きちんと鼻水が取れない。
そこそこであきらめていましたが、そのせいで子供が何度も滲出性中耳炎を繰り返す様になってしまいました。
そこで、少し安い電動鼻水器を購入したのですが、思ったより吸引力が少なかく使い物にならず、買いなおすはめに。
悩んでる方ははじめからこちらを購入されることをお勧めします。
耳鼻科と変わらない吸引力だと私は思います。
もっと早く購入していればよかったです。

電動鼻水吸引器 ELENOA エレノア【日本製】

電動鼻水吸引器 ELENOA エレノアは、医療機器認証を取得した医療機器です。
電動鼻水吸引器の中でもトップクラスの吸引力で、ネバネバした鼻水もしっかり吸引できます。

小児科医・耳鼻科医、お客さんの声を活かして開発されました。

電動鼻水吸引器 ELENOA エレノア購入者の口コミレビュー評価

迷ってるなら、買うべきだと思います!
3歳の息子は自分で吸引できます。
鼻水をとってもらうためだけに耳鼻科へ行ってインフルエンザなどを貰ったりしたくないので、少しでも、病院に行く機会を減らしたいと思い購入しました。
中耳炎の予防にもなります。
これあれば、耳鼻科や小児科に吸引しに行くことが減ります。
風邪の治りも早くなったように感じます。

家族全員、アレルギーがあり年中ぐずぐずいっています。
中耳炎になる事もよくありました。
エレノアは圧が変えられ、奥の鼻水も吸えるし、後ろに取り外し出来る収納ポットが便利です。
小三年の子供が1人でも吸えています。
コンパクトだし、出しっ放しにしていると、勝手にしてます。
買って良かったです。
ちなみに私はナースです。職場でも欲しいくらい簡単ですよ。

電動鼻水吸引器 スマイルキュート

電動鼻水吸引器 スマイルキュートは、3種類のシリコンゴム製のオリーブ管で、小児から成人まで使用可能です。

電動ならではのパワーで赤ちゃんの鼻水がグングンとれます。

吸引した鼻水は鼻水吸引キットに溜まるので、吸引ホース、及び吸引瓶が汚れにくく、お手入れが簡単です。

電動鼻水吸引器 スマイルキュート購入者の口コミレビュー評価

赤ちゃんの鼻水を吸引する電動吸引器、おすすめです!
本当に便利です。
鼻かぜばかりひいて、中耳炎を繰り返す子供のために購入しました。
鼻水を自分でかめるようになった今でも、上手にかめないので時々使っています。
赤ちゃんの鼻水を吸引する電動吸引器を購入するまでは「鼻水トッテ」で鼻水を吸引していましたが、親が必死に吸い取ろうとするので子供は大泣きして暴れたりして本当に大変でした。
口で吸い取ると子供の風邪が自分にうつってしまうことも多く、悩んだ末、スマイルキュートを購入しました。
届いて早速使用してみましたが、本当に楽です!!
子供にテレビを見せたり、話しかけたりと気をそらしながら吸引すると嫌がりません。
本当に便利です。
どうしてもっと早く購入しなかったのか後悔しました。
鼻水吸引機は、医療費控除の対象になるみたいなので、確定申告で申告しようと思います。

子供の風邪が治らなかったので看護婦をしている友人に相談したところ、これをすすめてくれました。
思ったよりもコンパクトで場所を取りません。
これで鼻水を吸った途端にぐっすり眠れるようになって、すぐに風邪が治りました。
安い商品ではないですが、大人も使えるし、これから長く使えるのでコストパフォーマンスがいいと思います。
変に安い商品を買って満足できずに再度別の商品を買うのなら、最初からこれを買っておくのが正解だと思います。

息子が副鼻腔炎になったことをきっかけに購入しました。
決して安いものではないので迷いましたが、本当に買って良かったです。
育児用品の中で一番感動したものです。
ポットに鼻水がたまるのでお手入れは楽ですよ。
迷っている方がいたら、迷っている時間がもったいないとさえ思います。
おすすめですよ!

まとめ

うちの息子が小さい頃、保育園に通いだしてからは、毎日鼻水をたらしていました。

はじめは軽い風邪だったのに、こじらせて気管支炎になって入院!してしまったことがありました。

それから週に5日仕事帰りに耳鼻科に行って鼻水を吸引してもらっていました。

耳鼻科の診療日は毎日です!

当時職場復帰したばかりの頃だったので、私もだいぶ体にこたえました。

耳鼻科の吸引器の家庭用はないか本気で探したんですけど、その時はなかったんですよね。

今はいいのがありますね。