クアルト(QUARTO!) クアルトミニ(QUARTO! mini)ギガミックのボードゲームが人気

クアルト!は、子供にあげたいゲームとして人気急上昇のボードゲームです。

ボードゲームは、スマホゲームと違い、家族みんなで楽しめるし、遊びながら賢くなれる知育玩具として、親が子供にプレゼントしたいゲームですよね。

クアルト!を販売しているギガミックで人気のボードゲームを紹介します。

クアルト!(QUARTO!)世界が認めたボードゲームの王様

クアルト!は、世界中で数々の賞を受賞していて、過去30年間に登場したゲームの中で最高の一つとして認められているゲームです。

クアルト!は、4種類のコマを形、色、穴の有無、高さのいずれかで揃え、直線状に並べれば勝ちとなるシンプルなゲームです。

対象年齢は6歳~99歳までで、脳トレにもなる知育ゲームとして人気です。

クアルト!(QUARTO!)を購入した方の口コミレビュー評価

奥が深いゲームです
子供のクリスマスプレゼントに購入しました。
簡単なのに奥が深く、小学校低学年の子供も家族と一緒に楽しんでいます。

子供の頭が良くなりそうなゲームだなと思い購入しました。
コマが木製で、ぬくもりを感じます。
ルールが簡単で、誰にでもすぐに楽しむことができていいです。
我が家の息子たちもスマホゲームをためて、クアルト!で遊んでいます。
いい買い物をしたと思います。

クアルト!ミニ(QUARTO! mini)携帯版クアルト!は持ち運びに便利

世界最多の賞に輝くボードゲームの王様クアルト!の携帯版クアルト!ミニも人気です。
コンパクトで持ち運びに便利なので、おじいちゃん、おばあちゃんのところへ遊びに行く際にももって行けます。

クアルト!ミニ(QUARTO! mini)を購入した方の口コミレビュー評価

孫と対戦しています。
TVで見て、これは良さそうだ!と思いすぐに購入しました。
夏休みに泊まりに来た孫に教えながらの対戦を楽しみました。
簡単なル-ルなので、6歳の孫と負けたりといい勝負ができ、楽しい時間が持てました。

自分用に購入しました。
クアルト!ミニ(QUARTO! mini)は、木で作られていてあたたかみがあり、デザインもスマートでインテリアにもいいですね。
コンパクトで持ち運びも便利。
ゲームの内容もシンプルで楽しく、短時間で決着がつくので気軽に遊べます。
自分で購入してよかったので、友人にプレゼントしました。
友人もとても喜んでいました。

数学的脳を作るゲーム カタミノ 究極の脳トレゲームとして人気

カタミノは、様々な形をしたブロックを組み合わせ、指定されたマス目を埋めていく思考型ゲームです。

36,057通りの組み合わせの中から500通りのパターンを発見できれば、あなたはもうカタミノマスターです。

カタミノは発想力に加え、気力・精神力を鍛えて、やわらか頭を手に入れることができるゲームとして人気です。

マス目の範囲や選ぶブロックの数によって難易度設定ができるので、年齢やスキルに関係なく誰でも自分のレベルに応じて遊ぶことができます。

世界中の教育者から絶賛されているゲームとして名高い。

カタミノを購入した方の口コミレビュー評価

大人も子供も楽しめるパズルです。
5歳の娘と3歳の息子が遊べるようにと、クリスマスプレゼントとして購入しました。
面白いのか?飽きずに遊んでます。
このパズルの良いところは、大人(親)も一緒にやっていても面白いところだと思います。
カタミノは親子で一緒に考えて遊べます。
難易度も選べますし、皆で楽しめるゲームです。

頭の体操になります。
子供と一緒に遊んでいます。
99歳までできるので、長く楽しめそうです。
脳トレにもボケ防止にもいいのではないでしょうか?

ギガミック コリドール・ミニ

自分の駒をいち早く向かい側まで進めるボードゲームです。

それぞれ自分の色の駒を選択し、自分の番が回ってきたら、駒を1マス進めるか、フェンスで相手の進路を妨害するかを選択し、自分の駒を速く有利に進めていきます。

大人も子供も楽しめるボードゲームです。

コリドールを購入した方の口コミレビュー評価

子供と遊ぶために買いました。
大人も子供もはまります!
楽しくゲームをしながら、子供の頭の体操になりとてもいいですね。

まとめ

スマホゲームばかりしている息子にギガミックのボードゲームをプレゼントしたら、スマホゲームをやらなくなりました!

家族でできるので、親子のコミュニケーションツールとしても役立っています。

楽しく遊べて、頭の体操になるなんて、いいですよね!

私の頃も欲しかった!

昔でいうところのオセロでしょうかね?

私の子供の頃とは言わず、息子がもっと小さいころにこのボードゲームを知っていたら、今頃もっと賢い子に育っていたのではないか?とちょっと残念に思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする